AMONS☆あらしっく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告

母と暮らせば

20日はいつも行く映画館が安い日だったので娘と

”母と暮らせば” を観に行ってきました。

思ってたより年配の人が多くてやっぱり山田洋次監督だし吉永小百合さんの

作品だからいつものニノ作品とは観る年齢層も広がってるんですよね。

映画が始まって出演者の字幕が出て吉永小百合さんの隣に二宮和也が

並んでて凄いなーって思って。

大スターと同じ立ち位置だなんてねー。

全編通して本当の母息子に見えてくるくらい二人の雰囲気が良くて

冒頭の原爆が投下されるシーンから涙が溢れて何回泣いたことか・・・。

だけどただただ悲しい作品ではなくて笑う所もあるし

何より戦争というもの、原爆というものが如何に悲しいことか・・・

運命ではなく人災だということを感じて悲惨さが怖さが身近に感じた。

戦争とは無縁の時代に生まれてあの頃生き残られた人も

苦しんで悩んでこられたんだと痛感したし今平和に生きられてる事に

感謝しないといけないなーとも思った。

実際に経験された人が観たら辛いシーンもあるだろうなと・・・。

原爆と言えば広島を思い浮かべてたけど長崎にも投下され

そのことを改めて考えるきっかけになったし娘とも話すきっかけになり

観に行って本当に良かったなと思った。


”今をどう生きる” に繋がる作品だった。



是非まだの方は観に行かれるといいですよー(^∇^)ノ
スポンサーサイト
[2015/12/22 11:14] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<明けましておめでとうございます | ホーム | 潤くんのお膝>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プロフィール

AMONS

Author:AMONS
嵐に癒されて、元気をもらってます!
成人した息子と高校生の相葉担の娘と6歳のミニチュアダックスのショコラがいるアラフィフの大阪のおばちゃんです
嵐☆皆好きだけど、モモの潤くんが気になって花男で落ちました!潤くん担当です★

訪問、拍手、コメントしてくれたら、うれしいです!!


since 2011.1.4

メールはこちら
amons0331@hotmail.co.jp

ツイッター  @__J__M__Momo

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。